名刺を見せている男性

本を印刷する流れ

名刺を渡す

データの作成を行なうにあたって

自分が書いたテキストを印刷物にしようとする場合、多くの肯定を経ていく事になります。 テキストは手書きで行なう場合でも構いませんが、その書類を印刷会社に持ち込み、オペレーターの手により編集する肯定が増えてしまうので、その分余計にお金がかかります。 ですので、出来ればDTP用のソフトを使う事で1肯定減らす事が出来ます。 また、その際には印刷で使える書体、使えない書体など制約もいくつかありますので、ご自分で分からない点は全て印刷会社さんにお任せする方が良いのかも知れません。 さて、ご自分の手で作成した書類かテキストデータが出来上がったとします。 それを実際に印刷会社様に持ち込んだとしましょう。 それ以降、どのような経路で一冊の本になるのでしょうか。 次はその辺をご紹介して行きます。

印刷にかかるまでのステップ

まずは印刷会社様の編集部署で、誤字・脱字や間違った表現が無いかチェックが 入ります。 これが編集作業です。 もし筆者様が手書きの原稿を持ち込んだ場合、編集者がテキストデータにおこしす。 その途中で筆者様と相談しながらの修正作業なども行なわれます。 その編集が済むと、次は印刷機に廻す為のデータ作成に以降します。 これは、実際に印刷機にセットする「刷版」と言う薄い鉄板があるのですが、それを作成する為の最終ステップで、全てのページが揃っているか、ページ順に並んでいるか、写真は正しい位置にあるか、誤字・脱字など1ページづつ全てチェックが入ります。 そこがクリアされて印刷に廻ります。 刷り上った紙は、次は機械により正しいページ順に折られ、少しづつ本の形に近づいて行きます。 そして最後に裁断機で余白などをカットし、カバーや帯などを付けて1冊の本に仕上がります。 昔はアナログ作業が多かったのですが、今はデジタルで肯定も短縮され、時間も早くなり、色も綺麗に仕上がるようになっています。